Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//不動産を利用した相続税の節税とそのリスク

税務関連

不動産を利用した相続税の節税とそのリスク

不動産を利用した相続税の節税とそのリスク

相続税は、相続財産を現金から不動産に変えるだけで節税効果が期待できます。

しかし、不動産に頼った相続税対策は、相続時におもわぬトラブルが発生することもあります。

相続税対策としての不動産利用のメリット、デメリットについて解説します。

3つのメリット

① 現金よりも相続税評価額が低い

② 貸付用不動産は相続税評価額が更に下がる

③ 土地専用の相続税の特例制度を適用できる

3つデメリット

① 節税以上に不動産価格が下落し資産が死産となってしまった。

② 相続財産の分(遺産分割)でもめる可能性がある。

③ すぐに現金化するのが難しい→納税資金が不足する場合がある。

結論 不動産による節税は、リスクを十分に検討し、藤田税理士に相談して実行する。

SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧